OMARUYAMA_HOTEL_001.jpg

Omaruyama Hotel

Category: Visual Identity, Signage

Date: 2021.04

Location: Sakura-city, Tochigi

Client: Seven Hundred Club

Creative Direction + Architect: MON architects

Photo: Tomooki Kengaku 

The hotel "Hotel New Sakura" in Sakura City, Tochigi Prefecture, which closed in 2020, was reborn as "Omaruyama Hotel" in April 2021. For the renewal, I was in charge of VI and sign planning. The symbol mark abstractly expresses "regional revival" starting from "Omaruyama", which is close to the hotel. In order to harmonize with the profound architecture, we aimed to design a dignified appearance.  

 

The sign in the hall is designed to make use of the existing rimmed information board, creating a contrast between old and new. The entire information board is painted, and graphics such as maps are expressed concisely and lightly. The guide on all floors next to the elevator has a new look with a color scheme that crosses the guide board. On the wall of the staircase, a large graphic representing the landmarks of Omaruyama such as "Kitsuregawa Sky Tower" and "Ichinohori Bridge" was placed in an attempt to completely change the space. We plan to walk around the building so that it overlaps with the experience of walking around Omaruyama.

2020年に閉館した栃木県さくら市のホテル「ホテルニューさくら」 は、 20214月「お丸山ホテル」として生まれ変わった。リニューアルに際し、VIとサイン計画を担当した。シンボルマークは、ホテルと近接する「お丸山」を起点とした 「地域の再興」を抽象的に表現している。重厚な建築と調和させるため、堂々とした佇まいのデザインを目指した。

 

館内のサインは、既存の縁付きの案内板を生かしたデザインとし、新旧の対比を生み出した。案内板全体を塗装し、地図などのグラフィックは、簡潔かつ軽やかに表現している。エレベータ横の全階案内では、案内板を横断するような配色を施し、新たな表情を与えた。階段室の壁面には、「喜連川スカイタワー」や「一の堀橋 」などのお丸山のランドマークを表現したグラフィックを大きく配置し、空間を一変させることに試みた。館内を歩くとお丸山を散策する体験と重なるように計画している。  

om1.png
om2a.png
OMARUYAMA_HOTEL_003.jpg
OMARUYAMA_HOTEL_004.jpg
om3.png

​–––​–––​–––​–––​–––​–––​–––​–––​–––​–––​–––​–––​–––​–

OMARUYAMA_HOTEL_013.jpg
OMARUYAMA_HOTEL_014.jpg
OMARUYAMA_HOTEL_015.jpg
om4.png
OMARUYAMA_HOTEL_021.jpg
OMARUYAMA_HOTEL_012.jpg
OMARUYAMA_HOTEL_019.jpg
om2b.png